ピアニスト

演奏家にとって体のコントロールは大切です。指先から手首、肘、肩などの関節を上手く使うことで無駄な力を使わずに演奏できます。ピアニストの場合、椅子の高さで指先にかかる腕の重さが決まります。あと、脇の広げ方も影響するかも知れません。